メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > ニュースリリース > 2006年度 > 七大生活習慣病を手厚く保障する「医療保険CURE(キュア)」を新発売

ニュースリリース七大生活習慣病を手厚く保障する「医療保険CURE(キュア)」を新発売

2006年8月16日

オリックス生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:水盛 五実)は、9月2日より、七大生活習慣病の入院をしっかりカバーする「医療保険CURE」を代理店および通信販売にて発売します。
現代人にとって、もっとも身近な病気となっているのが生活習慣病です。治療には、長期間の入院が必要とされる場合があり、家計にとって大きな負担となります。
「医療保険CURE」は、病気やケガはもちろん、高血圧性疾患や糖尿病などの7つの生活習慣病による入院にしっかり備える終身保障タイプの新しい医療保険です。

特長

1. 病気・ケガによる入院・手術を一生涯保障

入院された場合、1回の入院につき60日、通算最高1,000日まで入院給付金をお支払いします。もちろん、日帰りからの短期入院にも対応します。

2. 七大生活習慣病による1入院の保障限度日数を2倍に

下記の七大生活習慣病で入院された場合には、1入院のお支払い限度を120日に拡大し、長引きがちな生活習慣病治療の入院もしっかりカバーします。

  • 七大生活習慣病とは…がん(上皮内新生物・悪性新生物)、心疾患、高血圧性疾患、糖尿病、脳血管疾患、肝硬変、慢性腎不全を指します。

3. 解約払戻金をなくすことで、お手ごろな保険料を実現

死亡保障や払込期間中の解約払戻金をなくすことで、お手ごろな保険料を実現しました。また、保険料は加入時のまま変わらず、一生涯にわたって安心を確保できます。

さらに、
三大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)治療一時金特約を付加すると、これらの疾病で入院を開始されたときは、一時金をお支払いします!
従来、所定の障害状態が60日間継続しないとお支払いできなかった「脳卒中」「急性心筋梗塞」の一時金を、診断確定後、入院を開始されたときにお支払いするので、入院にかかる初期費用にもしっかり備えることができます。

オリックス生命保険は、今後ともお客さまのニーズに的確にお応えする商品開発を行い、さらなるサービスの強化に取り組んでまいります。

ページTOPへ戻る