メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > ニュースリリース > 2008年度 > 「指定代理請求特約」取扱い開始

ニュースリリース「指定代理請求特約」取扱い開始

2008年8月25日

オリックス生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:水盛 五実)は、9月2日より、「指定代理請求特約」の取扱いを開始します。
「指定代理請求特約」は、被保険者が受取人となる場合で、保険金や給付金などの支払事由が生じながらも、身体の状態や病名不知などにより請求できないときに、あらかじめ指定した指定代理請求人が被保険者に代わって請求できるものです。長きにわたるご契約期間中、被保険者の方を取り巻く環境や家族構成が大きく変化する可能性を考慮に入れ、当社では指定代理請求人の要件から「同居または同一生計」をはずしました。

指定代理請求特約の概要

対象範囲
  • 被保険者が受取人となる高度障害保険金、特定疾病保険金、リビング・ニーズ保険金等
  • 被保険者が受取人となる入院給付金、手術給付金等
  • 被保険者と契約者が同一の場合の保険料払込免除

上の条件に当てはまるすべての契約(新規契約・既契約とも)に付加いただけます。

指定代理請求人の範囲 被保険者の戸籍上の配偶者、または三親等内の親族

「指定代理請求特約」の詳細につきましてはこちらPDFをご参照ください。

ページTOPへ戻る