メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > ニュースリリース > 2016年度 > UCDAアワード2016 生命保険契約申込書「トリオ」が受賞~シンプルな記入形式を実現し、最大7つの商品申込が可能~

ニュースリリース UCDAアワード2016 生命保険契約申込書「トリオ」が受賞
~シンプルな記入形式を実現し、最大7つの商品申込が可能~

2016年10月3日

印刷用リリース文書はこちらPDF

「第三者」による客観的な評価 UCDA AWARD 2016

オリックス生命保険株式会社(本社:東京都港区、社長:片岡 一則、以下「オリックス生命」)は、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会が主催するUCDAアワード2016の生命保険分野において、最優秀賞にあたる「UCDAアワード2016」を受賞しましたのでお知らせします。

当社では、2015年5月に、商品パンフレットや申込書類・約款・会社案内など、お客さまが目にするすべての印刷物をユニバーサルデザインの観点から見直すことを目的として「お客さまのための印刷物プロジェクト」を全社横断的に立ち上げました。また、科学的な根拠に基づいたUCDAのソリューションを習得することを目的としてUCDA認定資格1級を34名の社員が取得し、資格取得者を中心に、持続的な印刷物改善に取り組む社内体制の構築を進めています。
この取り組みの一環である申込書の改善において、生命保険申込書「トリオ」がUCDAの評価基準を満たし、生命保険分野において最優秀賞にあたる「UCDAアワード2016」に選ばれました。

オリックス生命は、今後もお客さまにわかりやすい商品・サービスを提供し、多くのお客さまに選ばれる保険会社を目指してまいります。

授賞理由
  • 専門家のDC9評価で効果、効率の問題点がなく、認証レベルに達している
  • 生活者の評価で、色使い、記入のしやすさが極めて高い
  • エラーに対応しやすい設計と記入項目の省略、記入箇所の集約などで顧客の負担を軽減している
  • 複数の申込書を統合し、基本情報を何度も記入しなくて済む基本設計をしている
  • DC9評価
    UCDAが独自に開発した「わかりやすさ9原則」による客観的評価のこと
<ご参考>トリオ契約申込書
ページTOPへ戻る