メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > ニュースリリース > 2017年度 > UCDAアワード2017を「保険料に関するご案内」が受賞~「保険金・給付金ご請求の手引き」はアナザーボイス賞~

ニュースリリースUCDAアワード2017を「保険料に関するご案内」が受賞
~「保険金・給付金ご請求の手引き」はアナザーボイス賞~

2017年10月27日

印刷用リリース文書はこちらPDF

オリックス生命保険株式会社(本社:東京都港区、社長:片岡 一則、以下「オリックス生命」)は、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会が主催するUCDAアワード2017の保険・クレジット・公共サービス分野において、「保険料に関するご案内」が最優秀賞にあたる「UCDAアワード2017」を受賞しましたのでお知らせします。また、「保険金・給付金ご請求の手引き」は、保険分野において「アナザーボイス賞」を受賞しました。

当社では、2015年5月に、商品パンフレットや申込書類・約款・会社案内など、お客さまが目にするすべての印刷物をユニバーサル コミュニケーション デザインの観点から見直すことを目的として「お客さまのための印刷物プロジェクト」を全社横断的に立ち上げ、持続的な印刷物改善に取り組む社内体制の構築を進めてまいりました。

この度、この取り組みの一環である各種書類の改善によって、「保険料に関するご案内」が最優秀賞にあたる「UCDAアワード2017」に選ばれ、「保険金・給付金ご請求の手引き」も生活者の評価が高い作品を表彰対象とする「アナザーボイス賞」を受賞しました。
「UCDAアワード」の受賞は、生命保険契約申込書「トリオ」の「UCDAアワード2016」受賞に続き2年連続となります。

オリックス生命は、今後もお客さまにわかりやすい商品・サービスを提供し、多くのお客さまに選ばれる保険会社を目指してまいります。

UCDAアワード授賞理由

  • 文字の色数を抑えたことで、可読性に優れ、全体的に読み手にとって負担が少ない印刷物になっている
  • UCDの考え方を取り入れて該当書類の改善を進めており、専門家評価だけでなく、生活者からの評価も極めて高い
  • 圧着ハガキの限られた紙面スペースを有効活用した構成は、機能的で高い紙面利用効率を実現している

アナザーボイス賞授賞理由

  • フロー図やアイコンを効果的に使用し、読み手にとって伝達効率の高い紙面構成を実現している
  • 目次の構成とインデックスがわかりやすく、検索性を高めている
  • 案内文書としての完成度も全体的に高く、読みやすいと生活者からの評価が高い
ページTOPへ戻る