メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > お知らせ > 2007年度 > 保険金等の支払状況に係る実態調査について

お知らせ保険金等の支払状況に係る実態調査について

2007年4月13日

オリックス生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:水盛 五実)は、このたび当社内での保険金等の支払状況に係る実態調査を実施しました結果、保険金等の追加的支払を要する事案は以下のとおりであることが判明しましたのでお知らせいたします。なお本調査は、平成19年2月1日付で金融庁から発出された保険業法第128条にもとづく報告命令を受け、本日金融庁へ報告したものです。
お客さまには多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
当社としましては、今回の調査を一過性のものとせず、お客さま第一主義の経営方針の下、今後も継続して適切な保険金・給付金の支払いに努めてまいります。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

保険金等の追加的支払を要する件数・金額(平成13年度から平成17年度までのご請求分)

総件数 総金額
323件 29,726,820円

事務疎漏が発生した主たる原因

原因 件数 占率(%)
業務内容の見直しを怠ったことに起因する事務疎漏 213 66
規定どおり事務を行わなかったことに起因する事務疎漏 75 23
規定の不整備に起因する事務疎漏 33 10
システムエラーに起因する事務疎漏 1 -
商品内容に起因する事務疎漏 1 -
323 100

支払状況に関するお問合せ窓口(4月14日開設)

フリーダイヤル0120-994-230
(専用回線)

受付時間

月曜~金曜
9:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

当社の取組みの詳細につきましては、こちらPDFをご確認ください。

ページTOPへ戻る