メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > お知らせ > 2009年度 > 佐賀県と重粒子線がん治療施設の普及に向けた協力協定を締結します

お知らせ佐賀県と重粒子線がん治療施設の普及に向けた協力協定を締結します

2010年2月17日

2010年2月19日、オリックス生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:水盛 五実)は、佐賀県が整備を進めている重粒子線がん治療施設「九州国際重粒子線がん治療センター」利用の普及に向けて、佐賀県と協力協定書を締結いたします。

協定内容

  • がん検診の重要性の啓発など、がんの早期発見・早期治療の理解促進に向けた取組みに関する事項
  • 佐賀県鳥栖市に開設を目指す九州国際重粒子線がん治療センターの広報・普及に関する事項

これにより、当社は佐賀県の重粒子線がん治療施設が幅広く活用されるための取組みを支援し、またがん予防、重粒子線がん治療の普及、ならびにがん検診の受診率向上を目的とした啓発活動などへの協力を行ってまいります。

なお、2010年2月19日、佐賀県庁において下記のとおり協定締結式が行われます。

1.日時

2010年2月19日(金) 11時30分~12時00分

2.場所

佐賀県庁 特別会議室B (新行政棟4階)

3.次第

  1. 開式
  2. 協定概要説明
  3. 協定書の交換
  4. 各保険会社代表者あいさつ
  5. 健康福祉本部長あいさつ
  6. 質疑応答
  7. 閉式

以上

ページTOPへ戻る