メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > お知らせ > 2017年度 > 約款規定の一部改定について

お知らせ約款規定の一部改定について

2017年11月1日

2017年11月2日より、保障範囲の拡大や利便性の向上を目的として、次の約款の改定を行います。本改定は、お客さまの保険料変更等を伴うものではございません。

1. 対象となるお客さま

以下、〈1〉~〈4〉のいずれかに該当するお客さま

〈1〉 がんに関する90日間の“待ち期間”がある保険にご加入のお客さま
(がん保険、特定疾病保障保険、がんに関する特約、特定疾病保険料払込免除特則)
3-(1)をご確認ください
〈2〉 「がん保険フォース」にご加入、または、医療保険・がん保険に「がん通院特約」を付加しているお客さま 3-(2)をご確認ください
〈3〉 「医療保険 新キュア・レディ」「医療保険 キュア・レディ」にご加入のお客さま 3-(3)をご確認ください
〈4〉 保険料の払込方法を「口座振替扱」とされているお客さま 3-(4)をご確認ください

2. 改定時期

2017年11月2日以後に事由該当したご契約に適用します。

3. 約款の改定内容

(1)復活後のがん責任開始日について

対象となるお客さま

がんに関する90日間の“待ち期間”がある保険にご加入のお客さま
(がん保険、特定疾病保障保険、がんに関する特約、特定疾病保険料払込免除特則)

改定内容

がんに関わる保障(がん保険、特定疾病保障保険、がんに関する特約、特定疾病保険料払込免除特則)は、責任開始日(保障の開始日)から90日間の“待ち期間”を設けており、この期間中にがんと診断されても保障の対象にはなりません。
これまで、保険契約を復活した際も同様の取扱いでしたが、2017年11月2日以降が復活日となるご契約は復活後の90日間の“待ち期間“を廃止し、復活日(復活の際の責任開始日)からがんの保障を開始します。

  • ただし、契約時の責任開始日から90日間未経過の時点で失効、復活した場合は、ご契約当初の責任開始日から90日を経過した日の翌日から保障を開始します。

90日間の“待ち期間”の有無

契約時 復活時
新(2017年11月2日以降) あり なし
旧(2017年11月1日以前) あり あり

(2)がん通院給付金の保障範囲拡大について

対象となるお客さま

「がん保険フォース」にご加入、または、医療保険・がん保険に「がん通院特約」を付加しているお客さま

  • がん通院給付金の保障が付いているお客さま

改定内容

がん通院給付金の支払事由のうち「がんにより入院し、その退院後1年以内にした通院」に関して、その入院の直接の原因となったがんの治療に限らず、がんの治療を直接の目的とする通院をお支払対象とするよう改定します。

従来は、主契約の入院給付金のお支払対象となる入院(以下、入院①)をされ、退院日の翌日より1年(通院治療期間)以内に通院された場合、がん通院給付金のお支払対象となるのは、直前の入院の原因となったがんの治療を目的とする通院としていました。
その後新たに、別のがんにより、入院給付金のお支払対象となる入院(以下、入院②)をされた場合には、入院②の退院日の翌日より1年以内は、入院②の原因となったがんの治療を目的とする通院のみがお支払対象となり、入院①の原因となったがんの治療を目的とする通院はお支払対象とはなりませんでした。
この改定により、入院②の退院日の翌日より1年以内の通院について、入院①の原因となったがんの治療を目的とする通院もお支払対象となります。

詳しくは<イメージ(例)>をご確認ください。

(3)女性入院給付金の保障範囲拡大について

対象となるお客さま

「医療保険 新キュア・レディ」「医療保険 キュア・レディ」にご加入のお客さま

  • 女性入院特約(2007)の保障が付いているお客さま

改定内容

女性入院特約(2007)の対象疾病として、次の3つを追加します。

  • 甲状腺の疾患 のうち、性状不詳または不明の新生物 中の、内分泌腺の性状不詳または不明の新生物 中の、甲状腺(D44.0)
  • 乳房および女性性器疾患 のうち、女性生殖器の非炎症性障害 中の、人工授精に関連する合併症(N98)
  • 妊娠、分娩および産じょくの合併症 のうち、その他の産科的病態、他に分類されないもの 中の、妊娠、分娩および産じょくに合併するが他に分類される母体の感染症および寄生虫症(O98)
  • 上記カッコ内は該当の基本分類コード(疾病、傷害および死因統計分類提要ICD-10 2003年版準拠)です。

(4)口座振替の再開について

対象となるお客さま

保険料の払込方法を口座振替扱とされているお客さま

改定内容

保険契約の失効や、保険料の自動振替貸付等により保険料の引落しが1年以上行われていなかった場合、保険料の引落しを再開するには「預金口座振替依頼書」をご提出いただいておりましたが、2017年11月2日以降は「預金口座振替依頼書」の提出を不要とし、以前に引落しを行っておりました口座から保険料の引落しを再開します。なお、「預金口座振替依頼書」において、金融機関での不備が解消されていない場合は引落しが出来ませんので、早急に不備を解消いただきますようお願いします。

オリックス生命では、今後もさらなるお客さまサービスの向上に努めてまいります。

ページTOPへ戻る