メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > 保険をご検討のお客さま > 知って納得!保険のキホン > がん保険の「終身タイプ」と「定期タイプ」の違いは?

がん保険の「終身タイプ」と「定期タイプ」の違いは?

終身タイプは、保険料が変わらずに、がんの保障が一生涯つづく

がん保険は終身タイプと定期タイプの2種類があります。主な違いは「保険期間」と「保険料」です。

終身タイプの場合、保険料が変わらずにがんの保障が一生涯続くのが特長です。
一生涯のうちにがんと診断される人の割合は約2人に1人*といわれるほど、私たちにとって、がんは身近な病気のひとつとなっています。*公益財団法人がん研究振興財団「がんの統計'15」
がんと診断されたときに治療に専念できるよう、いつ訪れるかもしれない万一に備えたい方には終身タイプがおすすめです。

終身タイプは当初の保険料が定期タイプよりも高いケースがあります。オリックス生命では、死亡保障や保険料払込期間中の解約払戻金をなくすことで保険料を抑え、がんと診断されてから通院までをトータルに保障する商品をご用意しています。

当初の保険料を抑えたいなら、定期タイプ。ただし更新期間には制限も

定期タイプは、保険料負担を抑えながら、一定期間、がんの保障を確保できるのが特長です。保険期間を限定することで、終身タイプと比べ当初の保険料を抑えることができます。しかし保険期間更新時には年齢に応じた保険料に上がることや、保険会社が定める年齢までしか保険期間の更新ができないことから、いざというときに安心した保障が受けられない可能性があります。
保険料負担を抑えながら、がんの備えを一定の期間だけ増やしたい方には、定期タイプがおすすめです。

  • がんにかかわる保障は責任開始からその日を含めて91日目(がん責任開始日)より開始します。
  • がん責任開始日前にがんと診断確定されていた場合には、保険契約は無効となります。

考え方によって、「終身タイプ」と「定期タイプ」それぞれの特長はメリットにもデメリットにもなります。どちらが良い悪いということではなく、自分に合ったタイプを選ぶことが大切です。

カンタン1分
保険料
シミュレーション
資料請求

お電話でご相談・
お問合せ

フリーダイヤル0120-679-390

受付時間
月曜~金曜 9:00~21:00
土日・祝日 9:00~18:00
(年末年始を除く)

会って相談
ページTOPへ戻る