メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > 保険をご検討のお客さま > 『なるほど』保険のこと。 > 独身男性の場合

#1独身男性の場合

若い世代や独身の時期は、誰もが、今の元気な自分がずっと続くような気持ちになりがちです。将来のことよりも今を優先したい、そんな感覚を持つ人も多いかもしれません。でも、万一のときに「周りの人にかける迷惑」を最小限に止めるぐらいの準備はしておきましょう。
また、若い世代に多いのは、交通事故やケガによる入院や死亡です。元気な世代だからこその備えを確保しておきましょう。

もしものときの死亡保障は、定期保険などお手頃な保険料の商品を中心に、500万円程度の死亡保障を準備するのがおすすめです。

医療保障やがん保障は、保険料が手頃な若く健康なうちに、終身保障を確保しておくと、後々非常に助かることになります。
また、20代半ばになったら生活習慣病や長期入院への備えも視野に入れる時期です。これらも含め健康で保険料が手頃なうちに保障をしっかり確保することで、万一に備えましょう。

病気やケガに備える保障

医療保険 新CURE

七大生活習慣病に特に手厚い医療保険

入院日額/5,000
手術給付金/10(入院中)、2.5万円(外来)
先進医療給付金*/通算2,000万円
がん一時金50万円
*医療行為、医療機関および適応症などによっては、給付対象とならないことがあります。
同一の被保険者において、先進医療給付のある当社特約の重複加入はできません。
28歳男性の場合、月払保険料2,162
基本プラン(終身払)日額5,000円コース
※保険料は、2015年10月2日現在のものです。

保険商品を詳しく見る

万が一のときに備える保障

定期保険 Bridge ブリッジ ネット専用

一定期間の死亡保障を
お手頃な保険料で準備できる

保険期間・保険料払込期間/10
死亡・高度障害保険金/500万円
28歳男性の場合、月払保険料723
保険期間10年、保険金額500万円
※保険料は、2015年10月2日現在のものです。

保険商品を詳しく見る

病気やケガによる入院に備えるなら?

病気やケガの内容によっては、
入院・通院期間が長期化することがあります。
そのようなとき、治療にかかる費用や仕事を休むことによる
収入減少をカバーできるように、
医療保険で準備しておくことが有効です。

病気やケガで入院すると、かかる費用

入院すると、治療費のほかに差額ベッド代や食事代、
日用品の購入などの費用がかかります。
また、入院時の1日あたりの自己負担費用は
平均21,000円(下図参照)であり、
生活習慣病などで入院が長期化した場合は、
家計への負担になりかねません。

自己負担=治療費の自己負担額+差額ベッド代+食事代+日用品の購入費など 入院時の1日あたりの自己負担費用 平均21,000円 約4人に3人が10,000円以上の事故負担費用

[出典]公財財団法人 生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査」より

※過去5年間に入院し、自己負担費用を支払った人の直近の入院時の1日あたりの自己負担費用。
※治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、
 日用品などを含む。高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額。

オリックス生命の他の保険商品

  • 死亡保険 Fine Save
  • 収入保障保険 keep
  • 死亡保険(終身保険) RISE
  • 死亡保障付医療保険 Relief W
  • がん保険 Believe
  • 引受基準緩和型医療保険 新CURE Support
ページTOPへ戻る