カンタン 必要保障額シミュレーションカンタン 必要保障額シミュレーション

もしも世帯主に万一のことがあったら、のこされたご家族の生活は?
家計の「収入」と「支出」はバランスを保てますか?

  • 男性が世帯主の場合の必要保障額を目安としています。
Q

のこされたご家族に必要な費用をシミュレーションする

Q

Q子どもの人数を選択してください。

  • 子ども:18歳到達年度の末日までの子ども、または20歳未満で障害年金の障害等級1級・2級の子どものことです。

Q

Q

  • 子どもの人数、年齢などにより変動するため、教育費は目安として検討してください。
参考
  • 自宅通学で幼稚園から大学まですべて公立(大学は国立)の場合:約824万円
  • 自宅通学ですべて私立(大学は文系)の場合:約2,161万円

もっと詳しく見る

Q

  • 教育費・住宅ローンを除いた生活費を想定してください(賃貸の場合の家賃は含みます)。

住宅ローンを借りられている場合、一般的に、団体信用生命保険に加入していることが多いのですが、もし加入していないようであれば、別途その分の保障を検討する必要があります。

  • 団体信用生命保険とは、住宅ローンを借り入れられた方が返済期間中に万一のことがあった場合に、保険金でローンの残額を返済するものです。

Q

Q世帯主の職業を選択してください。

Q世帯主の収入(月額)を選択してください。(一番近いものを選択してください。)

A

目的別に必要な費用や期間を見る

  • 男性が世帯主の場合の必要保障額を目安としています。
あなたの選んだプロフィールプロフィール変更
  • 妻の現在の年齢:
  • 子どもの人数:(末子の年齢:)
  • 教育費(総額):万円
  • 生活費(月額):万円
  • 妻の収入(月額):万円
  • 世帯主の職業:
  • 世帯主の収入(月額):万円

万一の場合の生活費

世帯主に万一のことがあった場合、公的保障として、のこされたご家族に遺族年金が支給されます。
ただし、受け取れる遺族年金の金額は、亡くなった人の職業や家族構成により異なりますので、その点を考慮した上で 必要保障額を決定していきましょう。

生活費の目安

毎月の生活費 妻の月収 遺族年金 毎月の不足額 のこされたご家族に必要なお金(のこされたご家族の生活費など) -のこされたご家族が受け取るお金(公的な保障など)=必要保障額(のこされたご家族に必要な保障額)毎月の生活費 妻の月収 遺族年金 必要保障額 のこされたご家族に必要なお金(のこされたご家族の生活費など) -のこされたご家族が受け取るお金・貯蓄(公的な保障など)=必要保障額

生活費(月額)
万円
−(
妻の収入(月額)
万円
+
遺族年金(月額)*1
万円
)
=
必要保障額
月 約万円
  • のこされたご家族が受け取るお金が毎月の生活費を上回る場合は「0」を表示しています。

必要な期間の目安

妻が65歳になる(年金をもらえる)までの期間を目安として準備

年金をもらえる年齢
65
妻の現在の年齢
=
必要な期間

教育費

子どもの教育費は、公立・私立や文系・理系など教育コースによって費用が異なります。
幼稚園から大学まですべて公立の場合とすべて私立の場合では2.6倍~4.5倍もの差があります。

教育費の目安

教育費(総額)*2万円

必要な期間の目安

末子が大学を卒業するまでの期間を目安として準備

大学を卒業する年齢
22
末子の現在の年齢
=
必要な期間

葬儀費用などの整理資金

日本消費者協会の調査によると、葬儀にかかる費用の総額は約188万円となっています。また、お墓代にかかる費用のほか、引越し費用、ローンの清算、入院費用の精算など、のこされたご家族には生活立直しの資金が必要な場合もあります。
のこされたご家族に経済的負担をかけないために、葬儀費用とあわせて300万円~500万円くらい準備しておくと良いでしょう。

葬儀費用の目安

葬儀費用(通夜からの飲食接待、葬儀代等)
平均 約188万円*3
お墓代として必要と思われる費用
平均 約190万円*4
合計
378万円
  • *3[出典]平成26年一般財団法人日本消費者協会「第10回葬儀についてのアンケート調査」
  • *4[出典]セールス手帖社保険FPS研究所「平成26年サラリーマン世帯生活意識調査」

葬儀は人生に必ず訪れるもの。だからこそ、葬儀費用程度を一生涯の保障で備えておくと安心です。

オリックス生命では、「保険の専門家(当社社員または当社代理店)」をご紹介しています。ご相談は無料です。

  • オリックス生命のほかに、他の生命保険会社の商品も取り扱っております。

保険選びに困ったら…… 保険の専門家に相談 無料

A

全体のイメージをつかむ

  • 男性が世帯主の場合の必要保障額を目安としています。
あなたの選んだプロフィールプロフィール変更
  • 妻の現在の年齢:
  • 子どもの人数:(末子の年齢:)
  • 教育費(総額):万円
  • 生活費(月額):万円
  • 妻の収入(月額):万円
  • 世帯主の職業:
  • 世帯主の収入(月額):万円

全体のイメージ

のこされたご家族に必要な保障額の目安が算出されました。

万一の場合の生活費[収入保障保険などで準備] 教育費として[定期保険・収入保障保険などで準備] 死後の整理資金(葬儀費用など)として[終身保険などで準備]① 万一の場合の生活費[収入保障保険などで準備] ② 教育費[定期保険・収入保障保険などで準備] ③死後の整理資金(葬儀費用など)の目安として[終身保険などで準備]

妻の年齢


現在


末子が22歳を
迎えるとき

65
年金をもらえるとき

万一の場合の生活費
[収入保障保険などで準備]
万円*
教育費
[定期保険・収入保障保険などで準備]
万円
死後の整理資金
(葬儀費用など)の目安として
[終身保険などで準備]
378万円
  • 妻が65歳になる(年金をもらえる)までの期間の必要保障額の目安。
    のこされたご家族が受け取るお金が毎月の生活費を上回る場合は「0」を表示しています。
    (生活費(月額)-(妻の収入(月額)+遺族年金(月額)))×12か月×(妻が65歳になる(年金をもらえる)までの期間)で算出。

他にもこんな費用がかかります…。
必要保障額を考える際には、日々の生活以外で一時的に発生する費用についても考慮しておいたほうがいいでしょう。

塾・習い事

耐久消費財
(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・車等の買替え、車検代等)

修繕費・固定資産税

緊急予備資金
(医療費・冠婚葬祭費用)

オリックス生命では、「保険の専門家(当社社員または当社代理店)」をご紹介しています。ご相談は無料です。

  • オリックス生命のほかに、他の生命保険会社の商品も取り扱っております。

保険選びに困ったら…… 保険の専門家に相談 無料