メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > 旧ハートフォード生命の情報 > よくあるご質問 > 解約や後継年金受取人の指定等の手続きを行いたいのですが、契約者本人からの申し込みが困難な場合、どうすればよいですか?

よくあるご質問

質問 解約や後継年金受取人の指定等の手続きを行いたいのですが、契約者本人からの申し込みが困難な場合、どうすればよいですか?

回答

判断能力が不十分となった場合は「成年後見制度」を利用し、お客さまの不利益とならないよう、代理権のある方によってお手続きいただくことになります。

成年後見制度には、大きく分けて「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります。

法定後見制度
「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、判断能力の程度によって制度が分かれています。家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)が法律行為の代理を行います。
任意後見制度
十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に代理権を与える契約を公正証書で結ぶものです。

詳しくは、法定後見制度については裁判所まで、任意後見制度については公証役場までお問い合わせください。

成年後見制度のお手続きは一般的に時間がかかります。したがって、いざという時に、契約関連等のお手続きができない場合がございます。あらかじめ成年後見制度をご利用されることをお勧めします。

成年後見制度のお手続きが完了した後に、当社でのお手続きが別途必要となりますので、必ずクライアントサービスセンターまでご連絡ください。

よくあるご質問トップへ戻る

ハートフォード生命保険株式会社は、2015年7月1日にオリックス生命保険株式会社と合併し、現在はオリックス生命保険株式会社として引き続きお客さまのご契約をお守りしています。
オリックス生命保険株式会社は、The Hartford Financial Services Group, Inc.またはその関係法人の関連会社ではありません。

ページTOPへ戻る