できることを増やす
[写真]三戸 亮平

三戸 亮平Ryohei Mito

2010年入社(2010年卒)
商品開発部 商品数理チーム 
総合職

Q1現在の仕事を教えてください

私の所属する商品開発部商品数理チームは、保険商品の価格設定や将来の収益性の予測・検証を中心に業務を行っています。また、保険商品の金融庁による認可を取得するための書類の作成も、商品数理チームの重要な仕事です。保険は長期間の契約であるため、保険の価格設定には、将来の不確実性やリスクを予測することが必要不可欠です。一方で、予測するための手法はまだまだ発展途上段階であるため、チームで議論しながら最適な予測値を検討する課題に取り組んでいます。日々試行錯誤しながらも、会社の収益基盤を拡大・安定させ、お客さまに満足いただける保障をご提供できるような商品の開発に挑戦しています。

Q2これまでの仕事で辛かった経験、
嬉しかった経験を教えてください

新商品の発売は、長期にわたる地道な作業の積み重ねの成果です。リスクの洗い出しから大量の数値の確認、書類の誤字脱字のチェックに至るまで、ミスの許されない仕事が続きます。また、商品開発部以外の部門の協力があって初めて一つの商品が完成します。たとえばリスクの洗い出しでは、経営企画部や統合リスク管理部などリスク管理のスペシャリストの方々と議論し、試行錯誤を繰り返します。一つの商品が完成するまでの苦労は大きいですが、当社の総力を結集して開発された新商品が発売された時の喜びは格別です。

Q3仕事をする上で心がけていることが
あれば教えてください

「数字」一つひとつの意味を、納得いくまでとことん追求することを心がけています。保険商品は長期の契約であることから、経済環境の悪化などにより会社に損失が発生する危険があります。そのため、収益性検証では、将来のあらゆるシナリオを想定して何パターンもシミュレーションを行います。その結果について、「良い・悪い」だけでなく、なぜ良いのか(悪いのか)、どうすればより良くなるのかを、日々試行錯誤しています。

Daily Schedule

  • 8:30

    出 社 メールをチェックし、その日の行動計画を立てます。また、急ぎの案件などがあれば対応します。
  • 9:00

    ミーティング 週に1回、商品開発部全体で定例ミーティングをし、業務の進捗状況の報告や、問題点の共有を行います。また、候補に挙がっている新商品案についても、説明を受けます。
  • 10:00

    保険価格の設定と
    収益性の計算
    新商品案について、「保険の価格は適切か」「収益が確保されるか」について検討します。試行錯誤することにやりがいを感じます。
  • 12:00

    昼休み 現在の勤務地である赤坂はおいしいご飯屋が多いです。
  • 13:00

    部内への報告 午前中に計算した新商品の価格や収益性の結果を上司に報告します。
  • 15:00

    部外や金融庁へ提出する
    書類の作成
    新商品案が固まると、関連部署へ検証を依頼する書類の作成や、チェックを行います。また、金融庁へ提出する書類も作成します。ミスが許されない仕事なので、より一層緊張感をもって、何度もチェックを行います。
  • 18:00

    退 社 チーム内での飲み会や、ときには野球、サッカーの観戦に行くこともあります。また、早く帰れた日は統計分析やリスク管理手法の勉強をしています。