ORIX オリックス生命保険 RECRUITING INFORMATION

2018年4月、設立から27周年を迎える
オリックス生命保険株式会社。
群雄割拠の生命保険業界において、
独自の光を放つ同社について、
本コンテンツでは
その特長を徹底解剖していこう。

リックス生命保険株式会社は、国内最大の多角的金融サービス企業として知られるオリックス株式会社と米国に本社を置くユナイテッド・オブ・オマハ生命保険会社との合弁会社として、1991年4月に設立(オリックス・オマハ生命保険会社)。1992年には、オリックスが全額出資会社となり、翌年オリックス生命保険株式会社に社名を変更。今のオリックス生命が誕生したのである。
設立当時、生命保険業界は変革の渦中にあった。戦後、生命保険をはじめとする日本の金融システムは、政府や行政官庁が業界全体をコントロールする「護送船団方式」がとられており、企業間の競争が少なく、非効率的な業務を行っている企業でも生き残ることができた。しかし、欧米で実施されている「金融自由化」の波が日本にも押し寄せ、政府による金利、業務分野、金融商品などの制限が廃止。金融機関は、業界内での生き残りをかけて、経営の効率化が求められた。俗にいう「金融ビッグバン」の到来である。

のような時代背景のもと誕生したオリックス生命は、まさに「時代の申し子」とも言うべき、さまざまな変革を起こしてきた。それまで、対面での販売が主流であった生命保険市場に、業界では先進的であった通信販売専用商品である「オリックス生命ダイレクト保険」を投入。また、主力商品である「医療保険 新CURE」では、重大疾患による入院の支払日数を他社に先駆けて無制限とするなど、業界に驚きを与えた。今の生命保険業界の「当たり前」となっている多くの常識を、オリックス生命が築き上げてきたのである。オリックス生命は「シンプルでわかりやすい保険商品を提供する」という方針のもと、前述したようなさまざまな変革を行い、急成長を続けている。2011年116万件であった保有契約件数は、2017年には350万件を突破。6年間で2倍以上へと躍進。また、「週刊ダイヤモンド」など複数の雑誌にてランキング上位を獲得するなど、業界内での評価も高い。

オリックス生命を知る3つのキーワード

Keyword 01

6年間で2倍以上

「シンプルでわかりやすく」の考えのもと、商品ラインナップを拡充してきました。その結果、保有契約件数は6年間で2倍以上、個人保険の保有契約件数は350万件を突破いたしました。(2017年3月末現在)

Keyword 02

プロ・顧客が選ぶ保険 No.1

株式会社宝島社 2017年12月発売
「別冊2616 よい保険・悪い保険
2018年版」
医療保険ランキング

医療保険 新キュア 5年連続NO.1

株式会社カカクコム・インシュアランス
2017年4月4日発売
「価格.com保険アワード2017度版」(インターネット部門/通販部門/対面部門)

医療保険 新キュア 全部門NO.1

Keyword 03

最優秀賞にあたるUCDAアワード2016を受賞
「保険料に関するご案内」が「UCDAアワード2017」を受賞

「UCDAアワード」は、企業(団体)・行政が生活者に発信するさまざまな情報媒体を産業・学術・生活者の知見により開発した尺度を使用して「第三者」が客観的に評価し、優れたコミュニケーションデザインを表彰するものです。「保険料に関するご案内」がUCDAの評価基準を満たし、生命保険分野において最優秀賞にあたる「UCDAアワード2017」に選ばれました。

2017年には「お客さま本位推進部」を新設し、顧客目線の商品開発やご加入後のサービスを開始している。オリックス生命は、さらなる成長を「お客さま本位」の先に描き、これまで築いた評価や成果に甘んずることのない、意欲的な取り組みを展開していこうとしている。