ORIX オリックス生命保険 RECRUITING INFORMATION

オリックス生命では今、
仕事の進め方の抜本的な改革による
生産性の向上を目指して、
さまざまな「働き方改革」への
取り組みを進めています。

働き方改革への取り組み

社員がいきいきと働くことのできる会社をつくるため、2016年12月より「働き方改革プロジェクト」を開始しました。
プロジェクトは「労働時間削減」「女性活躍」などの検討部会からなり、社員がさまざまな部署から定期的に集まり各テーマに沿って課題と解決策を検討しました。現在は検討部会で出された策を制度化するべく、人事部などでさらなる検討を進めています。
実際に以下のような取り組みを実施しています。

リフレッシュ休暇取得
推進制度

有給休暇とは別に5営業日連続で取得することができます。奨励金として50,000円を支給し、休暇の取得による心身のリフレッシュを目的としています。

Women's Leadership
program

女性社員の上級管理職、経営層への登用拡大を目指す施策の一つとして実施しているものです。研修を通じて自身のキャリアプランを描くとともに、MBA(経営学修士)コースの基礎科目を軸として、企業経営に必要となる戦略論、組織論等を理解し、より高い視座で業務を行う契機となることを目的としています。

キャリアアップのための
社外活動の推進

社員自身の専門性を生かした社外活動や社会貢献活動、または地域支援活動等を行うことを積極的に推奨することで、社員の成長を促すとともに、社員が外部で得た知識や経験を当社の業務に生かし、生産性の向上や業務の質を高めることに繋げることを期待するものです。

他多数

会議ガイドライン

効率的な会議運営の定形を明示

勤務時間インターバル

終業後、翌日の業務開始まで原則11時間の間隔を空ける

ノー残業デー

毎週水曜日は原則残業禁止(定時9:00~17:00)

業務効率化

ロボティクスの積極活用による、効率化と生産性向上

変形労働時間

介護等を要する社員に合わせた労働時間の設定が可能

お客さまの満足度も高い、
誇れる会社を一緒に作っていきましょう。

オリックス生命の働き方改革では、社員一人ひとりが能力を最大限発揮できる職場環境づくりを後押ししています。「労働時間の削減」「女性社員の活躍」などをテーマとして、社員の改革意識を醸成するとともに制度の充実を図っています。社員の前向きな姿勢や工夫の積み重ねが結果的に会社の成長に直結するという考えのもと、今後も試行錯誤しながら、有効な施策を積極的に導入していきたいと考えています。
オリックス生命がこれまで以上の発展を遂げるためには、将来を担っていく若い人材が必要不可欠です。当社は保険業界では社歴が浅いだけに、若い社員が中心となって会社を大きしていくというマインドを持っており、年齢に関係なく誰の意見でも受け入れる柔軟性がある企業だと思っています。私たちは皆さんが成長できるステージを準備して待っています。お客さまに満足度の高い、誇れる会社を一緒に作っていきましょう。

立花 久明Tachibana Hisaaki2001年入社
人事部 副部長 人事チーム長

女性が働きやすい環境や制度の充実とともに、
男女関係なく責任ある仕事を任される風土があります。

2017年は、「朝型勤務奨励金制度」や「勤務間インターバル規制」の試験的導入、「MBA基礎研修」や「メンター制度」などさまざまな制度づくりを行いました。一つひとつは小さなことですが、続けるうちに、社員の皆さんがそれぞれ当事者意識を持って働き方改革に取り組んでいる風潮を感じるようになりました。
また、オリックス生命の従業員は約半数を女性が占めています。女性にとって働きやすい環境や制度は整っているので、長く働きたいという女性には適した環境です。一方で、仕事の上では男女関係なく責任ある仕事を任される風土があり、業務上で性差を意識することはありません。
今は会社自体が成長途中にあり、さまざまなバックグラウンドを持った社員が集まっています。それぞれの分野でプロ意識を持った社員が一緒に仕事をしている環境はとても刺激的だと思います。これから入社する学生の皆さんも、それぞれの持ち味を生かして能力を発揮できる場所がきっとあると思います。ぜひ一緒に成長していきましょう。

友田 真貴子Tomoda Makiko2014年中途入社
人事部 人事チーム マネジャー
弁護士