持病があっても申込める医療保険 新キュア・サポート

保険をご検討中の方へ

告知事項

持病や入院・手術経験のある方も、4つの告知事項がすべて“いいえ”なら、お申込み*いただけます。

告知事項用語の詳しい解説はこちら

用語解説

引受基準緩和型医療保険 新キュアサポートについて

引受基準を緩和することで、過去に入院や手術をした方や持病のある方が入りやすい一生涯保障の医療保険です。

ご加入前にかかっていた病気が悪化した場合の「入院」「手術」もお支払いします。

2つのプランからお選びいただけます。

PLAN1 基本プラン
  • 七大生活習慣病入院給付特則なし
    1入院60日まで保障
    通算支払限度日数:1,000日
PLAN2 生活習慣病充実プラン
  • 七大生活習慣病入院給付特則
    (三大疾病無制限型)適用あり

七大生活習慣病入院給付特則をつけることで、七大生活習慣病を特に手厚く保障。さらに三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)による入院は、支払日数無制限!!

この商品における約款所定の七大生活習慣病と支払限度日数

公的医療保険制度の給付対象となる手術・放射線治療・骨髄移植、先進医療、骨髄幹細胞の採取術を、入院中に受けた場合には主契約の入院給付金日額の10倍、外来で受けた場合には主契約の入院給付金日額の5倍の手術給付金を、それぞれ何度でもお支払いします。

厚生労働大臣の定める先進医療による療養を受けたとき、その技術料と同額を通算2,000万円までお支払いします。

  • ※ 医療行為、医療機関および適応症などによっては、給付対象とならないことがあります。
  • ※ 同一の被保険者において、先進医療給付のある当社特約の重複加入はできません。

入院が長期化しやすく、医療費も高額になりがちな重度の三疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に手厚く備えられます。

引受基準緩和型重度三疾病一時金特約

1 がん

初めてがんと診断確定されたときに、2回目以降はがんの治療を目的として入院を開始したときに「がん一時金」をお支払いします。(1年に1回を限度)

2 急性心筋梗塞

急性心筋梗塞の治療を目的として、入院を開始したときに「急性心筋梗塞一時金」をお支払いします。(1年に1回を限度)

3 脳卒中

脳卒中の治療を目的として、入院を開始したときに「脳卒中一時金」をお支払いします。(1年に1回を限度)

がんの保障を手厚くしたい方にはこちらがおすすめ!引受基準緩和型がん一時金特約

がん

初めてがんと診断確定されたときに、2回目以降はがんの治療を目的として入院を開始したときに「がん一時金」をお支払いします。(1年に1回を限度)

  • ※ 引受基準緩和型重度三疾病一時金特約・引受基準緩和型がん一時金特約を付加する場合、4つの告知事項以外に回答が必要な項目がありますので、ご注意ください。
  • ※ 引受基準緩和型重度三疾病一時金特約・引受基準緩和型がん一時金特約のがんにかかわる保障は、責任開始日からその日を含めて91日目(がん責任開始日)より開始します。

入院・手術保障だけでなく、一生涯の死亡保障にも備えることができます。
保険金額はニーズに合わせて100万円(50歳~85歳は50万円)から、50万円単位で選べます。

  • ※ この特約には「リビング・ニーズ特約」が付加されています。

不慮の事故により、約款所定の身体障害の状態または約款所定の高度障害状態に該当した場合、以後の保険料の払込みは免除され、そのまま保障が継続します。

月々の保険料例

基本プラン(終身払)
生活習慣病充実プラン(終身払)

保険をご検討中の方へ

ご確認ください

  • 契約日からその日を含めて1年以内に支払事由に該当した場合には、主契約および特約の給付金・一時金・保険金のお支払額は50%に削減されます(災害死亡を除く)。
  • ・この商品(特約を含む)は、持病がある方、入院経験がある方が加入しやすいよう、告知いただく項目を限定し、引受基準を緩和した商品です。このため、当社の他の商品と比べて保険料が割増しされています。
  • ・健康状態について、より詳細な告知をいただくことで、保険料が割増しされていない当社の他の商品に契約いただける場合があります。
  • ・保険料は、2018年4月2日現在のものです。
  • ・職業などによって、引受けを制限させていただくことがあります。あらかじめご了承ください。
  • ・ この広告は商品の概要を説明しています。詳細は「パンフレット」「特に重要な事項のお知らせ/商品概要のご説明/ご契約のしおり抜粋」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。

ORIX 2017-C-383