細谷 直樹
2017年10月入社

自分の土台を作ってくれた
初期研修

新卒から14年間、金融機関で営業をしていました。さらなるやりがいとキャリアアップを求めてオリックス生命に転職しました。これまで金融業界で培ってきた経験を生かすことができそうだと感じたことや、営業社員が長く働くことができる環境を整えるというオリックス生命の想いに共感したからです。また、キャリアセッション*1でお会いした上司が非常に魅力的で、この人と一緒に働きたいと思ったことも入社を決意した理由の1つです。入社後2か月間の集合研修では、生命保険の必要性をさまざまな角度から学びました。生命保険の仕組みについては、既に知っていることもありましたが、それ以上に新しいことを学ぶことができました。特に印象に残っているのは繰り返し行った「ロールプレイング」です。同期の仲間と何度もロールプレイングを行い、自分自身では気づくことができない話し方の癖を指摘し合いました。自然と同期との絆も深まっていきましたね。2か月間の集合研修が今の私の土台となっています。また、ともに研修を受講した同期の仲間は、苦しい時に相談をし合える存在です。

(*1)生命保険の社会的意義やコンサーブアドバイザーのミッションなどをお伝えすると同時に、人生やキャリアを見つめ直すきっかけとしていただくためのプログラムです。

活動の中で感じていること

実際の営業活動の中では、お客さまから大切なご家族やご友人をご紹介いただくことがとても難しいことであり、一番うれしいことでもあります。私のことを信頼していただけていると感じると同時に、そのお客さまの信頼に応え続けていこうという責任感も大きくなっていきます。お会いするお客さまの中には、テレビCMやインターネットで当社商品を知り、問合せをいただいた方もいらっしゃいます。通販部門など、社内のさまざまな部門の協力でお客さまにお会いできていることに対して、感謝の気持ちを忘れないようにして、お客さまにお会いしています。私たちは営業活動に出れば一人です。しかし、支社に戻ればともに頑張っている仲間がいます。自分が経験した、良かったことや改善しようと思ったことを日々共有し合っています。個人が一人で頑張ればよいということではなく、お互い支え合うことを大切にする環境ができており、チームワークの良さを日々感じています。

成長し続ける自分を実感

今後は相続や法人マーケットに関わる、より深い知識を習得していきたいと思っています。また、上司の仕事に対する姿勢や考え方をはじめ、日々、さまざまなアドバイスをいただいています。これからもお客さまのご相談にお応えできるよう支社長や課長から教えていただいていることを糧に、営業スキルを向上させて、成長し続けたいと思っています。将来は自分自身がマネジメントを行う立場となり、人材育成や組織構築にもチャレンジしてみたいですね。