メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > 生命保険用語集 > さ行 > ソルベンシー・マージン比率【そるべんしー・まーじんひりつ】

ソルベンシー・マージン比率【そるべんしー・まーじんひりつ】

ソルベンシー・マージンとは「支払余力」という意味です。生命保険会社は、将来の保険金などの支払いに備えて責任準備金を積み立てているため、通常予測できる範囲のリスクについては十分対応できます。しかし、大災害や株の大暴落など、予想しない出来事が起こる場合があります。このような「通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の一つが「ソルベンシー・マージン比率」です。この比率が200%を下回った場合、監督当局(金融庁長官)によって早期に経営の健全性の回復を図るための措置が取られます。

ページTOPへ戻る