メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > 保険をご検討のお客さま > 知って納得!保険のキホン > 生命保険・医療保険と税金(年末調整・確定申告)

生命保険・医療保険と税金(年末調整・確定申告)

生命保険(死亡保険)と医療保険(入院保険)の保険料は所得控除の対象になる

生命保険(死亡保険)や医療保険(入院保険)の契約者は、1年間に支払った保険料に応じて、所得税の対象となる所得から一定額を限度として差し引くことができます。これを生命保険料控除といいます。この制度により、課税対象となる所得が少なくなるため、所得税や住民税の負担が軽減されます。

毎年10月頃になると、保険会社から「生命保険料控除証明書」と書かれた郵送物が届きます。会社員の方なら会社での年末調整手続きの際に提出すると控除を受けることができます。また個人事業主の方なら税務署へ所得税の確定申告をする際に添付することで控除を受けることができます。

所得控除額は、最大で12万円

生命保険料控除の対象となる保険契約には、生命保険、個人年金保険、介護医療保険などがあります。生命保険料控除の種類は、「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」「介護医療保険料控除」の3種類です。

一般生命保険控除 生存または死亡に起因して支払う保険金・その他給付金に係る保険料
個人年金保険料控除 個人年金保険料税制適格特約を付加した個人年金保険契約等に係る保険料(当社においては該当する商品の取扱いはございません)
介護医療保険料控除 入院・通院等にともなう給付部分に係る保険料 ※税制改正により、平成24年に新設された控除区分

死亡保障と介護・医療保障が一つの契約に組み込まれた保険については、法令などに基づき一定の条件を満たす場合に「介護医療保険料控除」の対象となります。

「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」「介護医療保険料控除」は、それぞれ4万円が上限ですから、対象となる保険契約の保険料を支払っている場合は、最大で12万円を所得額から差し引くことができます。
なお生命保険料控除制度を利用するには、自ら申告して手続きを行う必要があります。うっかり忘れていると税金負担の軽減というメリットを受けることができません。必ず「生命保険料控除証明書」が届いているかを確認し、届いてない場合は、保険会社に確認したうえで、きちんと年末調整や確定申告をすることが大切です。

カンタン1分
保険料
シミュレーション
資料請求

お電話でご相談・
お問合せ

フリーダイヤル0120-679-390

受付時間
月曜~金曜 9:00~21:00
土日・祝日 9:00~18:00
(年末年始を除く)

会って相談
ページTOPへ戻る