メニュー
オリックス生命保険株式会社 ホーム > 保険商品一覧 > 医療保険(入院保険) > 医療保険 新CURE[キュア](入院保険) > 商品詳細

医療保険 新CURE [キュア] (入院保険)〈無配当 無解約払戻金型医療保険(2013)七大生活習慣病入院給付特則(三大疾病無制限型)適用・先進医療特約(2018)〉医療保険 新CURE [キュア] (入院保険)〈無配当 無解約払戻金型医療保険(2013)七大生活習慣病入院給付特則(三大疾病無制限型)適用・先進医療特約(2018)〉

商品詳細(医療保険 新キュア)

保障内容について

給付金名称 支払事由の概要・支払限度
疾病入院給付金 病気で入院したとき
1入院:60日 通算:1,000日(三大疾病は無制限)
  • 約款所定の七大生活習慣病(三大疾病以外)による入院のとき:1入院120日
  • 約款所定の七大生活習慣病(三大疾病)による入院のとき:支払日数無制限
災害入院給付金 不慮の事故で180日以内に入院したとき
1入院:60日 通算:1,000日
手術給付金 病気または不慮の事故で約款所定の以下の手術を受けたとき
  • 公的医療保険制度における医科診療報酬点数表に「手術料」「放射線治療料」の算定対象として列挙されている診療行為、または「輸血料」の算定対象となる骨髄移植術
  • 先進医療に該当する診療行為
約款所定の骨髄幹細胞の採取術を受けたとき(責任開始日の1年後より保障開始)
  • 支払回数無制限
  • 「約款所定の七大生活習慣病」は次のとおりです。
    ①がん(悪性新生物・上皮内新生物) ②心疾患 ③脳血管疾患 ④糖尿病 ⑤高血圧性疾患 ⑥肝硬変 ⑦慢性腎不全
    (このうち「三大疾病」は①がん(悪性新生物・上皮内新生物) ②心疾患 ③脳血管疾患をさします。)

この商品に付加できる主な特約

給付金・一時金名称 支払事由の概要・支払限度
先進医療給付金
〈先進医療特約(2018)〉
病気または不慮の事故で約款所定の先進医療による療養を受けたとき
  • 通算2,000万円
先進医療一時金
〈先進医療特約(2018)〉
先進医療給付金が支払われる療養を受けたとき
  • 1回の療養につき50万円限度
がん一時金
〈重度三疾病一時金特約〉
初回:初めてがんと診断確定されたとき
2回目以降:がんの治療を目的として入院を開始したとき
  • 支払回数無制限(ただし、1年に1回を限度)
急性心筋梗塞一時金
〈重度三疾病一時金特約〉
急性心筋梗塞の治療を目的として入院を開始したとき
  • 支払回数無制限(ただし、1年に1回を限度)
脳卒中一時金
〈重度三疾病一時金特約〉
脳卒中の治療を目的として入院を開始したとき
  • 支払回数無制限(ただし、1年に1回を限度)
がん一時金
〈がん一時金特約〉
初回:初めてがんと診断確定されたとき
2回目以降:がんの治療を目的として入院を開始したとき
  • 支払回数無制限(ただし、1年に1回を限度)
がん通院給付金
〈がん通院特約
がんの治療を目的として約款所定の以下の通院をしたとき
  • がんにより入院給付金の支払事由に該当する入院をし、その退院後の1年(通院治療期間)以内の通院…A
  • 約款所定の手術、放射線照射、温熱療法、抗がん剤治療(腫瘍用薬のみとし、経口投与を除く)のための通院…B
A
通院治療期間あたり60日を限度
B
支払日数無制限
入院一時金
〈入院一時金特約〉
主契約の疾病入院給付金または災害入院給付金が支払われる入院をしたとき
  • 通算50回
通院治療支援一時金
〈通院治療支援特約(退院時一時金給付型)〉
主契約の疾病入院給付金または災害入院給付金が支払われる入院後に、生存して退院したとき
  • 通算50回
  • 「重度三疾病一時金特約」または「がん一時金特約」を付加した場合に限り、付加することができます。
  • 主契約・特約の各給付金等の支払いは、いずれも責任開始時以後に生じた病気、または不慮の事故に限ります。ただし、がん一時金、がん通院給付金はがん責任開始日以後にがんと診断確定された場合に限りお支払いします。
  • 被保険者が死亡した場合、主契約、特約とも保障は消滅します。またこの商品に死亡保険金はありませんが、被保険者が死亡したときに解約払戻金がある場合は契約者にお支払いします。

入院給付金について

  • 1日の入院に対して「疾病入院給付金」と「災害入院給付金」は重複してお支払いしません。
  • 2回以上の入院をした場合でも、「それぞれの入院の原因が同一のとき」もしくは「それぞれの入院の原因に医学上重要な関係がある」場合は1回の入院とみなします(併発している原因を含みます)。
    ただし、入院給付金の支払われた最終の入院の退院日の翌日(災害入院の場合は事故の日)からその日を含めて181日目以降に開始した入院については、新たな入院とみなします。
  • 七大生活習慣病以外の原因により疾病入院給付金の支払事由に該当する入院を開始し、その入院中に、高血圧症以外の七大生活習慣病の治療を開始した場合には、その入院を開始した日から七大生活習慣病の治療を目的として入院したものとみなして、給付金をお支払いします。

手術給付金について

  • 以下の手術等は支払いの対象にはなりません。
    傷の処理(創傷処理、デブリードマン)/切開術(皮膚、鼓膜)/骨または関節の非観血的整復術、非観血的整復固定術および非観血的授動術/抜歯/異物除去(外耳、鼻腔内)/鼻焼灼術(鼻粘膜、下甲介粘膜)/魚の目、タコ切除術(鶏眼・胼胝切除術)
  • 同一の日に複数回手術を受けた場合は、支払額の高いいずれか1回の手術についてのみ手術給付金をお支払いします。
  • 手術料が1日につき算定される手術を受けた場合は、その手術を受けた1日目についてのみ手術給付金をお支払いします。
  • 放射線照射または温熱療法による診療行為を複数回受けた場合は、手術給付金の支払いは60日に1回を限度とします。

先進医療特約(2018)について

  • 先進医療とは公的医療保険制度にもとづく評価療養のうち、厚生労働大臣が定める医療技術のことで、医療技術ごとに適応症(対象となる病気・症状等)および実施する医療機関(施設基準に適合する病院または診療所)が決められています。
  • 医療行為、医療機関および適応症などによっては、先進医療給付金、先進医療一時金の支払いの対象とならないことがあります
  • 療養を受けた日現在において、公的医療保険制度の給付対象となっている場合や、承認取消等の事由によって先進医療ではなくなっている場合は、先進医療給付金、先進医療一時金の支払いの対象とはなりません。
  • 先進医療一時金については、同一の先進医療において複数回にわたって一連の療養を受けた場合は、それらの一連の療養を1回の療養とみなします。
  • 先進医療給付金の支払額の通算が2,000万円に達したとき、この特約は消滅します。

重度三疾病一時金特約について

がん責任開始日前にがんと診断確定されていた場合には、保険契約者または被保険者の知・不知にかかわらず、この特約のがん一時金はお支払いしません。

がん一時金特約・がん通院特約 共通

がん責任開始日前にがんと診断確定されていた場合には、保険契約者または被保険者の知・不知にかかわらず、この特約は無効となります。

がん通院特約について

  • 抗がん剤治療の腫瘍用薬とは、被保険者が通院した時点において総務大臣が定める日本標準商品分類における「8742 腫瘍用薬」に分類される医薬品をいいます。
    対象となる抗がん剤は上記腫瘍用薬(経口投与を除く)のみとなり、ホルモン剤および生物学的製剤などの医薬品は該当しません。
  • 同一の日に2回以上の通院をした場合、重複してお支払いしません。

がんにかかわる保障について

重度三疾病一時金特約・がん一時金特約・がん通院特約のがんにかかわる保障は、責任開始日からその日を含めて91日目(がん責任開始日)より開始します。

がんの診断確定について

この保険では、診断確定の根拠となった検査の実施日を、がんと診断確定された日とみなします。

入院一時金特約について

  • 入院一時金の支払いは、1回の入院につき1回です。
  • 主契約の入院給付金が支払われる入院を2回以上したときは、主契約における取扱いとは異なり、それらの入院については入院の原因を問わず1回の入院とみなします。ただし、主契約の入院給付金が支払われる最終の入院の退院日の翌日からその日を含めて181日目以降に開始した入院については、新たな入院とみなします。
  • 入院一時金の支払回数が通算して50回に達したとき、または、主契約の疾病入院給付金と災害入院給付金の支払日数がいずれも通算支払限度の1,000日に達したとき(七大生活習慣病入院給付特則を適用した場合は除きます)、この特約は消滅します。

通院治療支援特約(退院時一時金給付型)について

  • 通院治療支援一時金の支払いは、1回の退院につき1回です。
  • 主契約の入院給付金が支払われる入院を2回以上したときは、主契約における取扱いとは異なり、それらの入院については入院の原因を問わず1回の入院とみなします。ただし、主契約の入院給付金が支払われる最終の入院の退院日の翌日からその日を含めて181日目以降に開始した入院については、新たな入院とみなします。
  • 通院治療支援一時金の支払回数が通算して50回に達したとき、または、主契約の疾病入院給付金と災害入院給付金の支払日数がいずれも通算支払限度の1,000日に達したとき(七大生活習慣病入院給付特則を適用した場合は除きます)、この特約は消滅します。

解約払戻金について

「医療保険 新キュア」は、解約払戻金を抑制するしくみで保険料を計算しています。

主契約

  • 終身払の場合:解約払戻金はありません。
  • 終身払以外の場合
    • ①保険料払込期間中:解約払戻金はありません。
    • ②保険料払込期間経過後かつ保険契約のすべての保険料の払込終了後:主契約の入院給付金日額の10倍をお支払いします。

先進医療特約(2018)・重度三疾病一時金特約・がん一時金特約・がん通院特約・入院一時金特約・通院治療支援特約(退院時一時金給付型)

解約払戻金はありません。
主契約を解約した場合、各種特約も同時に解約となります。

配当金・満期保険金について

この商品に配当金、満期保険金はありません。

その他の注意事項について

  • この保険に死亡保障はありません。
  • 契約者貸付、保険料の自動振替貸付は取扱いません。

保険期間とご契約可能年齢について

ご契約は、契約日の被保険者の満年齢が基準です。

保険期間 保険料払込期間 契約年齢
終身 60歳払済 0歳~55歳
65歳払済 0歳~60歳
終身払 0歳~80歳

入院給付金日額について

契約いただける給付金額は以下のとおりです。

〈主契約〉日額3,000円から10,000円(1,000円単位)

  • 0歳~49歳は5,000円からとなります。

入院給付金日額には、職業などによりお引受け限度額があります。すでにオリックス生命にご契約されている場合、引受額を通算するため当商品のお申込みができないことがあります。詳しくはフリーダイヤル0120-679-390にお問合わせください。

保険料について

払込方法(回数) 月払、半年払、年払
払込方法(経路) 口座振替・クレジットカード払

口座振替

インターネットでお申込みの場合
  • 口座名義人は、保険契約者ご本人に限ります。
郵送でお申込みの場合
  • 口座名義人は、保険契約者、配偶者、2親等以内の血族のいずれかから指定できます。

クレジットカード払

  • クレジットカードの名義人は、保険契約者ご本人に限ります。
  • 保険契約1件あたりの保険料が10万円以下のご契約に限ります。
  • クレジットカード払とは、クレジットカード会社が保険料相当額を当社に入金した後、お客さまの利用口座から保険料相当額の振替えを行う仕組みです。したがって、クレジットカード会社が当社に入金した後に解約手続きをした場合には、解約後にクレジットカード決済口座から保険料相当額が振替えられます。
保険料払込免除 不慮の事故により、その事故の日から180日以内に約款所定の身体障害の状態に該当したとき、または病気やケガで約款所定の高度障害状態に該当したときは、将来の保険料の払込みが免除されます。
詳しくは「ご契約のしおり(しくみ/保険料の払込免除)、(契約後/給付金等を支払いできない場合)」PDFをご確認ください。
  • 保険料は被保険者の契約日時点の満年齢で計算します。

保険のお引受けについて

  • 病気やケガなどで治療中の方、過去に手術や大病で入院した方はお引受けできない場合があります。
  • 失業中を含め無職の方は、原則としてお引受けできません(主婦、学生、年金生活者等を除く)
  • 職業や収入状況によっては、お引受けできない場合や保障額を制限させていただく場合があります。
    [主な例]海中作業者、坑内作業者、採石工、地下作業者、港湾作業者等
ページTOPへ戻る

ご加入者さま限定特典!

  • 各サービスごとに諸条件がありますので、サービスご利用時にお問合わせください。
  • 本サービスはティーペック株式会社が提供いたします。

お電話でご相談

受付時間

月曜~金曜 9:00~21:00
土日・祝日 9:00~18:00
(年末年始を除く)

LINEで保険相談 オリックス生命 LINE公式アカウント 友だち追加

どの商品が良いかわからない、もっと詳しく商品の説明を聞いてみたい

  • 保険の専門家にじっくりご相談いただけます。
  • 保険の専門家があなたやご家族に合ったプランをご提案します。
  • 十分ご納得いただいたうえで、商品をご検討いただけます。

こちらに掲載している内容はすべて郵送・インターネット申込みで取扱いの商品内容となります。上記以外のプランをご希望の方は対面申込みをご利用ください。なお、同じ保障内容の場合は対面申込みと郵送・インターネット申込みで保険料は同じです。

対面申込みと郵送・インターネット申込みの違い

オリックス生命は、当社社員または当社代理店の担当者へご相談のうえお申込みいただく方法(対面申込み)と、郵送やインターネットでお申込みいただく方法の2種類をご用意しています。

ページTOPへ戻る