オリックス生命保険株式会社 ホーム > オリックス生命について > 会社情報 > ご挨拶

ご挨拶

平素より、オリックス生命保険をお引き立て賜り、厚く御礼申し上げます。
また、新型コロナウイルス感染症拡大により影響を受けられました皆さまに謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い事態の終息を心よりお祈りいたします。

当社は、1991年4月にオリックス・オマハ生命保険として設立し、2021年4月に30周年を迎えることができました。30年間で保有契約件数は470万件を超え、生命保険会社として大きく成長し、多くのお客さまに安心をお届けできるようになりました。長年にわたり、お客さまからご愛顧いただいていることを、大変嬉しく感じております。

2020年度は、10月に外貨建商品の第2弾となる商品を発売しました。引き続き、多様化するお客さまのライフスタイルやニーズにお応えできる商品ラインアップを構築してまいりたいと考えております。

サービス面におきましても、9月にAI-OCRを搭載した「給付金請求ウェブ手続きサービス」を開始するなど、デジタル化などを通した利便性や効率化の向上を図ってまいりました。また、「コンタクトセンターの応対品質」や「ウェブサイトの見やすさ、わかりやすさ」などについて、当社の継続的な改善取組みが外部の評価機関から高い評価をいただくことともなりました。今後も、お客さまに寄り添った体制作りを目指してまいります。

30周年イヤーとなる本年度は、当社と共に歩んでいただいている全ての方々に感謝をお伝えするとともに、さらにお客さまに信頼され、ご満足いただける会社を目指して、オリックス生命理念「想いを、心に響くカタチに。」に基づき、全社一丸となり取組んでいきたいと考えております。

 

引き続き、一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2021年4月

代表取締役社長 片岡一則

ページTOPへ戻る